ミラン退団の元イタリア代表DF、今度はスポルティングCPからのオファーを拒否

ミラン退団の元イタリア代表DF、今度はスポルティングCPからのオファーを拒否

 今夏、ミランを退団した32歳の元イタリア代表DFイニャツィオ・アバーテが、ポルトガル1部のスポルティングCPから届いたオファーを拒否したようだ。16日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、スポルティングCPはバレンシアに売却したティエリー・コレイアの後釜として、アバーテの獲得に動いたという。しかし、条件面で納得いくものではなかったため、アバーテがオファーを拒否したようだ。

 夏の移籍市場では、カタール1部のアル・ガラファから年俸220万ユーロ(約2億6000万円)のオファーが届いていたが、これも拒否している。果たして、次はどこのクラブでプレーすることを希望しているのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索