終了間際劇的弾でドロー。インテル、CL初戦黒星は回避

終了間際劇的弾でドロー。インテル、CL初戦黒星は回避

【インテル 1-1 スラビア・プラハ チャンピオンズリーグF組第1節】

 チャンピオンズリーグF組第1節のインテル対スラビア・プラハが現地時間17日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

 イタリア・セリエAで開幕3連勝を飾ったインテルは、チャンピオンズリーグ初戦でチェコリーグの首位を走るスラビア・プラハをホームに迎えた。F組の残り2チームは、バルセロナとボルシア・ドルトムント。強敵がそろっているだけに、スラビア・プラハとのホームゲームでは勝ち点3を獲得しなければいけない。

 しかし、前半からシュート数では相手を上回りながらも決定的なシーンはつくれず。スラビア・プラハの壁にはね返され続ける。0-0で折り返したインテルは、後半に入ってもリズムをつかめない。

 すると、63分には前への意識が悪い方向に出てしまう。シュクリニアルが最終ラインからドリブルで持ち上がってボールをロスト。そこから始まったスラビア・プラハの攻撃を止めきれず、GKハンダノビッチが弾いたこぼれ球をオラインカに決められた。

 流れが悪いインテルは71分すぎにバレッラとポリターノを投入して挽回を図るも、焦る気持ちが前に出てしまい、プレーの精度は上がらない。

 それでも後半アディショナルタイム、新加入選手がインテルを救う。センシのFKがクロスバーに当たってこぼれたボールをバレッラがボレーシュート。これが人の間を抜けてゴール左隅に吸い込まれて同点弾に。土壇場で追いついたインテルは、辛うじて敗戦を免れた形。最悪の結果は回避した。

【得点者】
63分 0-1 オラインカ(スラビア・プラハ)
90+2分 1-1 バレッラ(インテル)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索