チェルシーの20歳新星MFがCLで負傷。ランパード監督「明らかに残念なこと」

チェルシーの20歳新星MFがCLで負傷。ランパード監督「明らかに残念なこと」

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーは、現地時間の17日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1節でバレンシアと対戦。ホームでの試合は、0-1で敗戦となった。

 チェルシーは0-0で迎えた74分、FWロドリゴにゴールを決められ、初戦を白星で飾ることができなかった。この試合で20歳のMFメイソン・マウントが足首を負傷。16分にFWペドロとの交代を余儀なくされた。

 試合後のインタビューでチェルシーを率いるフランク・ランパード監督はマウントについて「彼は足首を負傷した。我々は彼の怪我の具合についてはまだわからない。2日以内に彼の怪我に関して検査をする。言及するには早すぎるが、明らかに残念なことだ。なぜなら、彼は非常に良くプレーしていたし、良いスタートを切った」と話した。

 開幕からリーグ戦すべてにフル出場し、3得点を記録しているマウント。チェルシーにとって、同選手の負傷は大きな痛手となるだろう。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索