元オランダ代表DFリックセン氏が43歳で死去。スコットランドなどで活躍

元オランダ代表DFリックセン氏が43歳で死去。スコットランドなどで活躍

 現役時代にスコットランドのレンジャーズなどで活躍した元オランダ代表DFのフェルナンド・リックセン氏が43歳の若さで死去した。レンジャーズが公式ツイッターで明らかにしている。

 リックセン氏は筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っていることを現役引退後の2013年に公表し、闘病生活を送っていた。だがクラブの発表によれば現地時間18日朝に亡くなったとのことだ。

 リックセン氏は1994年にオランダのフォルトゥナ・シッタートでデビュー。AZアルクマールを経て2000年に加入したレンジャーズではキャリアの中で最も長い期間を過ごし、2度のリーグ優勝など7つのタイトル獲得に貢献した。2004/05シーズンにはリーグ最優秀選手賞も受賞している。

 2006年にはロシアのゼニト・サンクトペテルブルクへレンタル移籍し、その後完全移籍。2010年にはプロキャリアをスタートさせたクラブであるフォルトゥナ・シッタートに復帰し、36歳で引退するまでプレーした。

 2000年にはルイス・ファン・ハール監督率いるオランダ代表にもデビュー。2003年までに通算12試合に出場した。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索