ヴィッセル神戸、サガン鳥栖、V・ファーレン長崎が天皇杯8強へ。フロンターレなど敗退

ヴィッセル神戸、サガン鳥栖、V・ファーレン長崎が天皇杯8強へ。フロンターレなど敗退

 天皇杯のラウンド16にあたる4回戦の試合が18日に各地で開催されている。

 鹿島アントラーズ対横浜F・マリノス対浦和レッズ対Honda FCの2試合は、鹿島と浦和のAFCチャンピオンズリーグ準々決勝進出により来週25日に開催。18日にはその他の6試合が開催された。

 ヴィッセル神戸対川崎フロンターレ戦は、前半に山口蛍と古橋亨梧のゴールで2点を奪った神戸が後半にも小川慶治朗のゴールで加点。川崎Fもそこから小林悠、車屋紳太郎のゴールで1点差まで詰め寄ったが、神戸が3-2で逃げ切った。なお、神戸はFWルーカス・ポドルスキが交代出場で久々の復帰を果たしている。

 サガン鳥栖対セレッソ大阪戦は豊田陽平のゴールで先制した鳥栖が1-0のリードで折り返す。C大阪は2度のビハインドから追いつく粘りを見せたが、終盤に金崎夢生の勝ち越しゴールと豊田の2点目で突き放した鳥栖が4-2の勝利を収めた。

 V・ファーレン長崎対ベガルタ仙台戦は後半立ち上がりの47分に畑潤基のゴールで長崎が先制。終盤に入り仙台もハモン・ロペスのゴールで同点としたが、直後に長崎が長谷川悠のゴールで再び勝ち越し、そのまま2-1で勝ち進んだ。

 サンフレッチェ広島対大分トリニータ、ジュビロ磐田対清水エスパルス、ヴァンフォーレ甲府対法政大の3カードはいずれも1-1のスコアで後半までの90分間を終了。延長戦にもつれ込んでいる。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索