フランス、来季よりリーグカップの廃止を決定。リーグアンとフランス杯のみに

フランス、来季よりリーグカップの廃止を決定。リーグアンとフランス杯のみに

 フランスプロサッカー機構(LFP)は、18日に開かれた総会においてクープ・ドゥ・ラ・リーグ(リーグカップ)を来季より廃止することが可決されたと発表した。

 クープ・ドゥ・ラ・リーグは、前身となる大会が1960年代から断続的に開催されたあと、現在の形では1994年から開始。リーグアン、リーグドゥ(2部)の全クラブと3部の一部クラブが参加し、トーナメント形式で行われてきた。優勝チームには翌年のヨーロッパリーグ(EL)出場権が与えられている。

 最多の優勝回数を誇るのは8回のパリ・サンジェルマン(PSG)。近年は2013/14シーズンから2017/18シーズンまでPSGが5連覇を達成していたが、昨季はGK川島永嗣も所属するストラスブールが14年ぶり4回目の優勝を飾っていた。

「この決定により大会日程が緩和され、選手たちはより回復の時間を持つことができる」とLFPは述べている。優勝チームに与えられていたEL出場枠は、リーグアンの順位によって与えられる形となる。またLFPは「大会を再開する権利を持つ」としており、将来的な再開催の可能性も閉ざしてはいない。

 日本ではYBCルヴァンカップに相当するリーグカップは、欧州では開催されていない国の方が多い。フランスの廃止により、主要国ではイングランド、ポルトガルなどが数少ないリーグカップ開催国となる。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索