プレミア史上2番目の大差にグアルディオラ興奮「特に気に入ったのは…」

プレミア史上2番目の大差にグアルディオラ興奮「特に気に入ったのは…」

 マンチェスター・シティは現地時間21日、プレミアリーグ第6節でワトフォードをホームに迎え、8-0で大勝した。ジョゼップ・グアルディオラ監督の試合後のコメントを英『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 シティは開始直後に先制すると、前半18分までに5得点。あっという間に勝負を決める。さらに後半は3点を加えて、8-0の大差になった。

 グアルディオラ監督は試合後、選手たちのパフォーマンスを称えた上で、「5-0でハーフタイムとなれば、普通は後半も真剣に戦うことはできないものだ。それが我々は真逆で、真剣に、より積極的に、とても良い後半を見せた。最も気に入ったのはそこだね」と、精神的な強さを喜んでいる。

 8点差の勝利は、プレミアリーグで2位タイの記録。過去最も大差がついたゲームは、1995年3月に行われたマンチェスター・ユナイテッド対イプスウィッチの一戦で、この試合は9-0だった。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索