南野拓実、投入直後に同点弾をアシスト!主力温存のザルツブルクは連勝が7でストップ

南野拓実、投入直後に同点弾をアシスト!主力温存のザルツブルクは連勝が7でストップ

【LASK 2-2 ザルツブルク オーストリア1部第8節】

 オーストリア1部リーグ第8節、LASK対ザルツブルクが現地時間22日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わった。

 ゲンクとのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を戦ったザルツブルクは、ターンオーバー制を利用し、主力を温存。日本代表MF南野拓実は80分から途中出場し、同点弾をアシストした。FW奥川雅也はベンチ入りも欠場となった。

 開幕から7連勝と絶好調のザルツブルクが、いきなり先制点を奪われる。4分、ペナルティエリア手前の中央で受けたゴイギンガーがループシュートを放つ。これがGKの頭上を越え、ゴールに吸い込まれた。続く18分にもフリーザーにゴールを決められ、前半で2点を失った。

 だが、ザルツブルクが1点を返す。32分、センターライン付近からムウェプがダカにスルーパスを供給。ダカはGKとの1対1を制し、ザルツブルクは1点差に詰め寄った。

 75分にLASKのフィリポビッチがこの日2枚目のイエローカードで退場。ザルツブルクは数的優位となった。1点ビハインドのザルツブルクは、80分に南野を投入しゴールを奪いに行く。

 すると82分、いきなり南野が結果を残す。左サイドを抜け出した南野が中央にグラウンダーのクロス。ニアで味方がスルーし、ファーにいたダカがダイレクトで合わせ、同点ゴールを叩き込んだ。

 その後ザルツブルクは逆転を狙うも、試合はこのまま終了し、2-2の引き分けとなった。

【得点者】
4分 1-0 ゴイギンガー(LASK)
18分 2-0 フリーザー(LASK)
32分 2-1 ダカ(ザルツブルク)
82分 2-2 ダカ(ザルツブルク)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索