リバプールが2-1勝利で開幕から6連勝!チェルシーはVARの判定に泣く…

リバプールが2-1勝利で開幕から6連勝!チェルシーはVARの判定に泣く…

【チェルシー 1-2 リバプール プレミアリーグ第6節】

 イングランド・プレミアリーグ第6節、チェルシー対リバプールが現地時間22日に行われた。試合はアウェイのリバプールが2-1で勝利した。

 ここまで無敗のリバプールは、マネ、フィルミーノ、サラーを3トップに起用。中盤にはヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルドゥムが入った。一方、チェルシーは、右足首の怪我が心配されたマウントが左ウィングで先発。アブラハムが中央、ウィリアンが右ウィングに入った。中盤にはカンテ、ジョルジーニョ、コバチッチが起用された。

 立ち上がりから激しい攻防を繰り広げる両チーム。すると、リバプールがチャンスを作る。14分、ペナルティエリア手前の中央でリバプールがFKを獲得。ボールの近くには3人が構える。笛がなると、サラーが足の裏でチョンと動かし、トレント・アレクサンダー=アーノルドが強烈なシュートをゴール右に突き刺した。

 だが、チェルシーがチャンスを作る。27分、左サイドでマルコス・アロンソがウィリアンにパス。ウィリアンはマウントとのワンツーで抜け出すと、中央へグラウンダーのパスを供給。アブラハムがニアで合わせるが、GKアドリアンに防がれる。だが、こぼれ球をアスピリクエタが押し込んだ。しかし、VARで確認した結果、マウントがオフサイドとなり、ノーゴールとなった。

 直後の30分、リバプールが追加点を叩き込む。左サイド深い位置からのFKをロバートソンが蹴ると、フィルミーノが頭で合わせ、ゴールに突き刺さった。

 71分、相手陣内左からアスピリクエタがカンテにパスを供給。カンテはキープし、ドリブルでペナルティエリア内に侵入する。カンテはそのまま右足を振り抜き、ゴールに突き刺した。

 勢いに乗るチェルシーは88分、代わって入ったバチュアイが右からのクロスをヘディングシュート。これはわずかにゴール右に外れた。チェルシーは同点のチャンスを逃してしまう。

 試合はこのまま終了し、リバプールが開幕から6連勝となった。破れたチェルシーは連勝を逃した。

【得点者】
14分 0-1 トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
30分 0-2 フィルミーノ(リバプール)
71分 1-2 カンテ(チェルシー)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索