アーセナル、数的不利も後半の3発で逆転勝利。ニコラ・ぺぺがPKで待望の移籍後初ゴール

アーセナル、数的不利も後半の3発で逆転勝利。ニコラ・ぺぺがPKで待望の移籍後初ゴール

【アーセナル 3-2 アストン・ビラ プレミアリーグ第6節】

 イングランド・プレミアリーグ第6節、アーセナル対アストン・ビラが現地時間22日に行われた。試合はホームのアーセナルが3-2で逆転勝利を収めた。

 現在10位のアーセナルは、ここ3試合勝利がない。ホームで勝利を収めたいアーセナルは、中央にオーバメヤン、左に18歳のブカヨ・サカ、右にぺぺを起用し、3トップを採用。中盤にはゲンドゥージ、ジャカ、セバジョスが入った。先発起用のブカヨ・サカはリーグ戦初出場となった。

 先制したのはアウェイのアストン・ビラだった。20分、左サイドでボールを受けたエル・ガジが右足で中央にクロスを供給。これにオフサイドラインギリギリで抜け出したマッギンがダイレクトで合わせた。

 38分、ルーズボールに対してメイトランド=ナイルズが、テイラーにスライディングタックル。これでメイトランド=ナイルズが負傷したが、主審はイエローカードを提示。この日2枚目のイエローカードを受けたメイトランド=ナイルズが退場処分となった。1点ビハインドのアーセナルは残り時間を数的不利で戦うこととなった。

 だが59分、ゲンドゥージがペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。このPKをぺぺが決め、アーセナルが同点に追いついた。ぺぺは移籍後初ゴールとなった。だが直後の61分、左サイドのクロスにウェズリー・モラエスが合わせ、アーセナルを突き放す。

 しかし、アーセナルが同点に追いつく。81分、ゲンドゥージが中央から右サイド深い位置に侵入したチャンバースにロングボールを供給。チャンバースは中央へパスを送るが、相手DFに当たる。ミングスが最後ヘディングでクリアするも、大きくクリアすることができず、チャンバースがもう一度拾い、そのままゴールに押し込んだ。

 すると勢いに乗るアーセナルが逆転に成功する。84分、ペナルティーアーク中央付近でFKを得ると、オーバメヤンがゴール右に決め、終盤にアーセナルが逆転に成功した。

 試合はこのまま終了し、アーセナルが3-2の逆転勝利を収めた。勝利したアーセナルは3試合ぶりの勝利となった。

【得点者】
20分 0-1 マッギン(アストン・ビラ)
59分 1-1 ニコラ・ぺぺ(アーセナル)
61分 1-2 ウェズリー(アストン・ビラ)
81分 2-2 チャンバース(アーセナル)
84分 3-2 オーバメヤン(アーセナル)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索