「この男にどう対処すれば?」 元マンU・CBが脅威を感じた対戦相手は…

「この男にどう対処すれば?」 元マンU・CBが脅威を感じた対戦相手は…

 かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元セルビア代表のネマニャ・ヴィディッチ氏が、プレミアリーグで衝撃を受けた対戦相手を4人挙げた。『ザ・アスレティック』に対して語っている。

 ヴィディッチ氏は2006年から2014年にかけてユナイテッドでプレー。同氏の活躍もあり、クラブはその間にプレミアリーグ優勝を5回経験するなど、見事な成績を残した。

 ユナイテッドのライバルといえばリバプール。ヴィディッチ氏は、当時リバプールで大活躍していたフェルナンド・トーレス氏を挙げなかったが、それ以上に衝撃を受けた選手がいたという。それが今年夏に現役を引退したピーター・クラウチ氏だ。

 ヴィディッチ氏はプレミアリーグで驚かされた対戦相手について、こう話している。

「ピーター・クラウチは初めての経験だった。2メートルの選手を見たことはなかったからね。彼はリバプールの選手で、アンフィールドでのカップ戦だった。そのとき思ったよ。『この男に対して自分は何ができるだろう?』ってね」

「その隣に(クレイグ・)ベラミーがいた。ボールの扱いに長けた選手ではないけど、すごく速い。彼がスペースに走り、クラウチが空中戦を戦う。こういったサッカーと戦うのは初めてだった。個別に対処してきたことはあるけど、両方同時にということはなかったんだ。そのとき、私はウェズ・ブラウンと組んでいたけど、タフな試合で0-1で負けてしまったね」

 ヴィディッチ氏はそのほかに、元チェルシーのディディエ・ドログバ氏、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ、元リバプールで現バルセロナのルイス・スアレスを特に苦しんだ相手に挙げた。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る