バルセロナ指揮官は“クラシコ”の敵地開催に反対「ベルナベウは想定していない」

バルセロナ指揮官は“クラシコ”の敵地開催に反対「ベルナベウは想定していない」

 バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、“クラシコ”の敵地開催に反対する姿勢を見せた。17日に英メディア『BBC』が報じている。

 リーガエスパニョーラ第10節、バルセロナ対レアル・マドリーの試合が現地時間26日に行われるが、バルセロナではカタルーニャ独立派によるデモ活動が活性化しているため、観客や選手たちの安全が脅かされる可能性があった。そのため、ラ・リーガは開催する場所をカンプ・ノウ(バルセロナのスタジアム)からベルナベウ(マドリーのスタジアム)に変更する案を両クラブに提示している。

 だが、バルベルデ監督は「通常の状況であれば、我々はホームでプレーする。しかし、彼らは特定の異なる状況を想定しており、平和でない可能性があることも理解している。ただ、我々は自分たちのグラウンドで試合することを望んでいる。それが我々のやりたいことだ。“クラシコ”がベルナベウで開催されることは想定していない。スケジュールを尊重したいと思う。まだ9日もあるんだ」と語り、ベルナベウ開催に反対の姿勢を見せた。こういった状況もあり、開催地変更ではなく、試合が延期される可能性が高くなっている。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る