マンC、U-20ワールドカップ得点王に興味。アグエロの後釜候補か?

マンC、U-20ワールドカップ得点王に興味。アグエロの後釜候補か?

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティが、オーストリア1部のザルツブルクに所属する19歳FWエーリング・ハーランドに興味を示したようだ。英メディア『サン』などが現地時間の17日に報じた。

 シティの不動のエースであるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、今季も得点を重ね8得点を記録。チェルシーFWタミー・アブラハムに並んで得点ランクトップタイに立っている。そんなアグエロは来年で32歳になる。シティはアグエロの後釜候補を模索しているようだ。

 そんなアグエロの後釜候補にシティは、ハーランドをリストアップした。同選手は、今年5月に開催された2019FIFA U-20ワールドカップにU-20ノルウェー代表として出場。グループリーグで敗退となるも、12-0の勝利を収めたグループリーグ第3節のホンジュラス戦で9得点を記録した。これはU-20ワールドカップ史上1試合での最多得点記録となった。また、ホーランドはこの大会で得点王に輝いている。

 今季リーグ戦8試合11得点5アシストと活躍しているホーランドに対して、シティはリバプール戦にスカウトを派遣し、同選手の活躍に目を光らせたようだ。同メディアによると、ハーランドの移籍金は5000万ポンド(約70億円)になるという。

 ホーランドに対してはレアル・マドリーやバルセロナが獲得に興味を示していて、争奪戦は必至となりそうだ。果たして、ホーランドを獲得するのはどのクラブなのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る