カゼミーロやイスコ宅に侵入したアルバニア人国籍の強盗集団を逮捕。被害総額は約120万円か?

カゼミーロやイスコ宅に侵入したアルバニア人国籍の強盗集団を逮捕。被害総額は約120万円か?

 レアル・マドリーに所属するMFカゼミーロやMFイスコ、FWカリム・ベンゼマやジネディーヌ・ジダン監督、さらにはアトレティコ・マドリーMFトーマス・パーテイ宅などに侵入した4人のアルバニア国籍の強盗集団が逮捕されたようだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の17日に報じた。

 スペインや欧州他国では、選手が試合や遠征などで留守にしている間に自宅を狙う手口の空き巣や強盗が多発している。特にレアルの選手宅が狙われ、アルバニア国籍の強盗集団はマドリー周辺の選手宅を狙っていたようだ。

 同メディアによると、犯行に使用したのは盗難車で携帯機器などで連絡を取り合っていたという。また、スペイン警察が確認した被害総額は、ジュエリーなど1万ユーロ(約120万円)相当であると報じられている。

 スペイン警察によると、この強盗集団は他にもマドリー周辺の家をターゲットにしていたようで、このまま捕まらなければ被害は拡大していただろう。強盗集団はこの4人だけではない。今後も被害が出ないことを祈るばかりだ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る