北朝鮮対韓国の問題受け…AFCカップ決勝の舞台が変更に。商業パートナーが問題提起

北朝鮮対韓国の問題受け…AFCカップ決勝の舞台が変更に。商業パートナーが問題提起

 アジアサッカー連盟(AFC)が22日、AFCカップ2019決勝の開催地を北朝鮮から中国に変更すると発表。

 当初、4.25体育団とアル・アヘドSCの決勝戦は11月2日に北朝鮮の平壌で開催する予定だった。しかし、10月15日に行われた北朝鮮代表対韓国代表の試合で、国際サッカー連盟(FIFA)主催の国際Aマッチとしては異例の生中継なしという事態になったことを受け、開催地を北朝鮮・平壌から中国・上海に変更されることになった。

 AFCの発表によると、商業的権利パートナーから問題提起を受けた後、コマーシャル、放送、メディア、アクセシビリティ、および物流の手配に影響を与える課題を慎重に検討した結果、中立的な会場で試合を行うことが妥当であるという判断に至ったようだ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る