バルセロナ対レアルの“クラシコ”延期に法的措置検討。ラ・リーガが公式声明

バルセロナ対レアルの“クラシコ”延期に法的措置検討。ラ・リーガが公式声明

 現地時間10月26日に開催される予定だった“クラシコ”が延期されたのを受けて、ラ・リーガがスペインサッカー連盟(RFEF)に対して法的措置を検討していると23日に公式声明を発表。

 バルセロナとマドリーの伝統の一戦はバルセロナのホームで行われる予定だった。しかし、カタルーニャ独立支持派による大規模なデモにより試合開催が不可能に。そのため、スペインサッカー連盟は両クラブ合意のもと、試合を現地時間12月18日に延期すると発表している。

 ただ、ラ・リーガは納得していない様子。ラ・リーガは開催日時をそのままに、マドリーの本拠地であるベルナベウで開催することを提案したが拒否されていた。また、12月4日に延期する案も拒否されている。12月18日に行われるコパ・デル・レイ1回戦と日時がかぶることも問題だ。

 公式声明では「決定が下されたプロセスに関し、最近受け取った文書について調査している。これは関連する適切な公的組織または法的組織の前に、可能な法的措置を講じ、誰に対して訴訟を起こすべきかを評価するためだ」とコメント。法的措置を講じる可能性があることを表明している。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る