ヴィッセル神戸のダビド・ビジャがオーナーに! 2021年から参入の新興クラブで

ヴィッセル神戸のダビド・ビジャがオーナーに! 2021年から参入の新興クラブで

 ユナイテッドサッカーリーグ(USL)が12日、クイーンズボロFCにUSLプロフェッショナルリーグ(米国2部)への参入許可を与えた。2021シーズンから、同リーグでスタートを切ることになる。

 クイーンズボロFCはニューヨークのクイーンズ区に構える新興クラブで、約7500人収容のスタジアムを本拠地にしている。また、ニューヨーク・メッツのホーム球場であるシティ・フィールドでも試合が行われる予定だ。

 J1リーグのヴィッセル神戸に所属する37歳の元スペイン代表FWダビド・ビジャも共同オーナーを務めており、2021年にはオーナー業に専念する予定であると英メディア『BBC』が伝えている。デビッド・ベッカム氏はインテル・マイアミCF、ディディエ・ドログバ氏はフェニックス・ライジングを所有するなど、現役サッカー選手や元サッカー選手が共同オーナーになる事例が米国では増えている。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る