南野拓実が日本代表初のW杯予選4戦連続ゴール!2-0でキルギス代表を下し首位キープ

南野拓実が日本代表初のW杯予選4戦連続ゴール!2-0でキルギス代表を下し首位キープ

南野拓実が“カズ超え”の大記録

 日本代表は14日、カタールワールドカップ・アジア2次予選第4節でキルギス代表と対戦した。

——————————

【日本 2-0 キルギス カタールワールドカップ・アジア2次予選第4節】

 カタールワールドカップ・アジア2次予選第4節、日本代表対キルギス代表の試合が14日に行われた。日本が2-0の勝利をおさめている。

 第1節のミャンマー代表戦では中島翔哉と南野拓実のゴールにより2-0の勝利をおさめた日本。続くモンゴル代表戦は、南野の代表3戦連続ゴールから始まり、吉田麻也や長友佑都などがゴールを積み重ね6-0の大勝を飾った。

 前節も南野が大活躍しタジキスタン代表を相手に3-0の勝利をおさめている。対するキルギスは2勝1敗の勝ち点6でグループ2位。ミャンマー戦では7-0の大勝をおさめており、攻撃陣は好調を維持している。敵地での首位攻防戦となった。

 18歳の久保建英はU-22日本代表に招集されたため不在。日本は原口元気や南野、永井謙佑などを先発起用している。試合開始して14分、伊東純也のクロスに南野が頭で合わせるもゴール左に外れた。続く18分にも南野に決定的なシーンが訪れたが、シュートはキルギスのGKクトマン・カディルベコフに防がれる。

 それでも41分、南野がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。南野が自らPKを決めて日本に先制点が入った。南野は日本代表初のワールドカップ予選4戦連続ゴールを達成し、これで代表5戦連続ゴールになった。

 さらに53分、ゴール真正面から原口元気が直接フリーキックを決めて日本に追加点が入る。対するキルギスも68分にチャンスを作るが、GK権田修一のファインセーブにより失点を免れた。リードを守り切った日本は2-0の勝利をおさめ、グループ首位をキープしている。

【得点者】
41分 1-0 南野(日本)
53分 2-0 原口(日本)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る