香川真司は復調傾向? 決定機逃すも現地メディアは好評価

香川真司は復調傾向? 決定機逃すも現地メディアは好評価

 スペイン2部リーグ第16節のサラゴサ対アルバセテが現地時間16日に行われた。スペインメディアがMF香川真司のパフォーマンスを評価している。

 2試合連続で先発した香川は、惜しいチャンスをつくるシーンもあった。特に65分の好機は決定的だったものの、GKと1対1の場面で放ったシュートはポストに弾かれている。

 72分に香川が交代を命じられると、サラゴサはその後のチャンスもいかせなかった。すると、終了間際にパワープレーから失点し、0-1で敗れている。

 『エル・デスマルケ』は、香川のパフォーマンスを平均的な「6」と採点。精力的だった点を評価している。

 『スポルトアラゴン』は「8」を付け、チーム3位タイとなる高評価。「最近の試合に比べてダイナミックだった」と香川の調子が上がっていることを指摘し、「ボールをうまくコントロールし、エグアラスとグティとうまく連係を取った」と記した。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る