畠中槙之輔、4失点惨敗で「実力不足をすごく痛感」。Jリーグと格の違う強さに屈する

畠中槙之輔、4失点惨敗で「実力不足をすごく痛感」。Jリーグと格の違う強さに屈する

 日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表に1-4の大敗を喫した。

 センターバックとして先発起用されたDF畠中槙之輔は「実力不足をすごく痛感しました」とうなだれた。

 前半から守備が機能しなかった日本は簡単にクロスを上げられて失点を繰り返し、前半だけで4つのゴールを奪われる崩壊状態。ゴール前で厳しい対応を強いられた畠中は「前半は特に、球際だったり1対1の勝負だったりで相手に上回られた部分が多かった」と振り返る。

 そして「チームとして失点する前もしてからもボールを失う回数が多くて、自分たちの時間を作れなかったのが1つの原因だと思います」と、主導権をやすやすと相手に渡してしまった展開のまずさを悔やんだ。

「1点、2点を取られてからは、心で思っていなくても、実際にちょっと落ちている部分、ネガティブになっている部分はあると思うので、そういうところはちょっともったいなかった」

 畠中自身もベネズエラの選手たちに世界の厳しさを突きつけられた。普段のJリーグでは味わえない強さや速さに翻弄され、ゴール前で相手に有利な体勢を作られてあっさり失点を許す場面も。「感覚的にポジションは取れているだろうと思っていてもズレていたり」と、センターバックとしてゴール前の壁になる役割を果たすことができなかった。

「フィジカル面でも技術面でも、Jリーグで感じられない強さだったり、上手さだったりがすごくありましたし、クロスボールのポジショニング1つにしても、Jリーグでは感じられないスピードだったので、やはりああいう選手とやるには経験が必要なのかなと思いました」

 突きつけられた世界との差を真摯に受け止め、今後の成長につなげられるか。惨敗だったとはいえ、それで諦めるのではなく、この経験を未来への糧にしていかなければならない。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る