【レアル・サラゴサ 2-0 ラシン・サンタンデール スペイン2部第20節】

 スペイン2部リーグ第20節のレアル・サラゴサ対ラシン・サンタンデールが現地時間14日に行われた。試合は2-0でホームのソシエダが勝利を収めている。サラゴサの香川真司は、4試合ぶりの先発出場で66分までプレー。今季初アシストを記録している。

 直近3試合で2勝1分けの6位サラゴサと、降格圏の20位に低迷するラシンの一戦。4試合ぶりの先発となった香川は序盤からプレーに絡み、サラゴサの攻撃をけん引した。

 すると19分に先制点が生まれる。香川のパスを受けたルイス・スアレスがミドルシュートを放ってゴール。レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の息子であるGKルカ・ジダンが守るゴールをこじ開けた。

 その後、2点目が欲しいサラゴサはなかなか勝負を決めきれない。それでも、66分に香川を下げたあともラシンにゴールを許すことはなかった。後半アディショナルタイムには2点目を決めて2-0の勝利を収めている。

 2連勝のサラゴサは18日、カップ戦でソクエジャノスと対戦する。

【得点者】
19分 1-0 スアレス(サラゴサ)
90+4分 2-0 ハビ・ロス(サラゴサ)