【日本 1-1 カタール U-23アジア選手権・グループB第3節】

 サッカーU-23日本代表は15日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第3節でU-23カタール代表と対戦し1-1の引き分けに終わった。

 前半終了間際にMF田中碧がまさかの一発退場となり、10人になった日本は後半の73分にFW小川航基のゴールで先制した。しかし、79分にカタールにPKを与えてしまい同点に追いつかれる。結局、日本は今大会で1つも勝利を挙げることができなかった。

 試合後、小川は「1人少ないとか関係なく、本当に今は悔しい気持ちでいっぱいです」と率直な気持ちを口にした。

 自身のゴールに関しては「ああやって引いてくる相手には、ミドルだったりとか、そういう大胆なシュートが大事になってくると思っていたので、あれはいいシーンだった」と振り返るが、やはり1勝も手にすることができなかったことを悔やむ。

「本当にこのままではいけないと思いますし、正直こんなに力がなかったのかと、ちょっと思ってしまいますね」

 日本はすでに東京五輪の出場権を持っているため、今大会はグループリーグ敗退でも影響はない。しかし、他の国々は残っている3つの権利を掴み取るために死に物狂いで大会に臨んできている。小川も「相手の勝負に対する気持ち、球際、そういうのは本当に日本は学ばなければいけないと思いました」と語った。

 初戦のサウジアラビア戦と第2節のシリア戦を落とし、第3節でも逆境をはね返せずカタールと勝ち点1を分け合った。グループBからは勝ち点7のサウジアラビアが首位で、勝ち点4のシリアが決勝トーナメントに進む。

 小川をはじめ、今回の未勝利でのグループリーグ敗退を経験した23人の東京五輪本大会に向けたさらなる奮起と成長に期待したいところだ。