インテルに所属する26歳のイタリア代表FWマッテオ・ポリターノはローマへ移籍する見通しだが、諸事情によって遅れが生じ、現地時間16日に行われるイタリア杯(コッパ・イタリア)5回戦のパルマ戦に間に合わない見込みとなった。15日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 ローマ在籍のイタリア代表MFレオナルド・スピナッツォーラとポリターノの選手トレードでクラブ間合意。それぞれのクラブでメディカルチェックが行われている。だが、同メディアによると、スピナッツォーラのメディカルチェックに関してより多くのテストが必要になったという。破談となる可能性はないが、移籍発表の時期が予定よりも遅れることになったようだ。

 そのため、ポリターノはコッパ・イタリア5回戦のパルマ戦に間に合わず出場できないと考えられている。ローマとしては、イタリア代表FWニコロ・ザニオーロが前十字靱帯断裂により長期離脱を余儀なくされたため、緊急補強が必要になっていた。

 ポリターノはローマの下部組織で育ち、2012/13シーズンはペルージャへ期限付き移籍。その後はペスカーラ、サッスオーロを経て2018年7月からインテルでプレーしている。昨年7月に完全移籍へ移行した。今季は公式戦15試合に出場している。