Jリーグは16日、2020シーズンのJリーグYBCルヴァンカップの組み合わせと試合日程を発表した。

 前回王者の川崎フロンターレはグループAに入り、清水エスパルス、ジュビロ磐田、名古屋グランパスと同組。前回大会のファイナリスト北海道コンサドーレ札幌はグループCに入り、J1昇格を果たした横浜FC、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖と同組となった。

 FC東京と鹿島アントラーズのいずれかがAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)予選で敗れた場合、磐田が入っているグループAに入る。また、両者が敗れた場合は鹿島がグループA、FC東京が松本が入っているグループBに入ることになった。

 昨季のJ1リーグ覇者の横浜F・マリノスと天皇杯王者のヴィッセル神戸はACLで本戦から出場するため、準々決勝からの参戦となる。

 ルヴァンカップグループリーグの初戦は2月16日、プレーオフ第1戦が5月27日、第2戦が6月17日、決勝は10月24日に行われる。組み合わせは以下の通り。

▽グループA
川崎フロンターレ
清水エスパルス
名古屋グランパス
ジュビロ磐田(鹿島アントラーズ or FC東京)

▽グループB
浦和レッズ
ベガルタ仙台
セレッソ大阪
松本山雅FC(FC東京)

▽グループC
横浜FC
サンフレッチェ広島
サガン鳥栖
北海道コンサドーレ札幌

▽グループD
湘南ベルマーレ
大分トリニータ
ガンバ大阪
柏レイソル