レアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが、公式戦通算50試合出場を達成した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 コパ・デル・レイ(国王杯)ラウンド32、ウニオニスタス・デ・サラマンカ対レアルが現地時間の22日に行われた。試合は3-1でレアルが勝利。この試合に先発したヴィニシウスはレアルで通算50試合出場を達成した。

 ヴィニシウスはラ・リーガで31試合、コパ・デル・レイで9試合、UEFAチャンピオンズリーグで8試合、クラブワールドカップで1試合、スーペルコパで1試合に出場した。これまで通算5得点13アシストを記録している。

 ブラジル代表の19歳FWは2018年にブラジルのフラメンゴからレアルに移籍。初めはBチームに登録されたが、2018年9月のアトレティコ・マドリー戦でトップチームデビューを果たした。