チェルシーが12日、下部組織(U-23)に所属する18歳のU-21スコットランド代表MFビリー・ギルモアがトップチームに昇格すると発表した。

 ギルモアは2017年にレンジャーズの下部組織(U-17)からチェルシーの下部組織(U-18)に移る。2018年からU-23でプレーを始め、今季はプレミアリーグ2で10試合、UEFAユースリーグで2試合に出場していた。トップチームに混ざってFA杯やリーグ杯、プレミアリーグでもプレーしている。

 チェルシーは公式ツイッターを通じて「ギルモアは正式にトップチームへ移動し、今後フランク・ランパード監督のトップチームの一員になる」と明かした。トップチーム昇格についてギルモアは「僕にとって大きな瞬間であり、本当に幸せ」とコメントしている。