アジアサッカー連盟(AFC)が11日、東アジアで開催予定のAFCカップを全て延期すると発表した。2020年4月7日に再開される予定になっている。

 中国・武漢に端を発した新型コロナウイルスは世界中に広がっている。その影響はサッカー界にまで波及し、AFCチャンピオンズリーグ2020のグループステージ第1、第2、第3節において、中国のクラブが出場する試合が延期されることが決定した。

 それだけにとどまらず今回、AFCはAFCカップ2020(東ゾーン)の予選、プレーオフ、およびグループステージの試合を延期すると発表している。それぞれの国が旅行制限していることも理由の一つにあるようだ。