J1の名古屋グランパスは12日、2020シーズンの主将・副主将と選手会長・副会長を発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 今季の主将に就任したのは昨季に引き続きDF丸山祐市。副主将にはDF吉田豊とMF米本拓司が就き、丸山をサポートする。昨季の副主将はFWジョーだった。

 また、名古屋は選手会長と副会長も発表。選手会長には鹿島アントラーズへの期限付き移籍から復帰したU-23日本代表MF相馬勇紀、副会長には19歳のDF藤井陽也が就任した。

 今季も引き続き丸山が主将に就任した名古屋は、昨季の13位から上位進出を目指す。