ブラジルのボタフォゴに加入した元日本代表MF本田圭佑は、現地時間11日に移籍後初となるピッチ上でのトレーニングを行った。クラブドクターのクリスチアーノ・シネッリ氏は本田の現在のコンディションについての印象をブラジル『ランス』に語っている。

 今月7日にリオデジャネイロに到着し、8日には本拠地スタジアムでの盛大な入団セレモニーで歓迎された本田。その翌日にはボタフォゴとフルミネンセの試合を観戦したが、0-3の敗戦後にアルベルト・ヴァレンティン監督が解任されるという衝撃の展開が待っていた。

 デビューを迎える前に監督交代という予想外のスタートとはなったが、本田は新クラブでのプレーを開始するため始動した。まず行われた各種のフィジカルテストから得られた結果はクラブドクターにとって非常に好印象だったようだ。「テストの経過は素晴らしい。体脂肪率は非常に低く、心配テストの結果も素晴らしく、心音も完璧。フィジカル的に非常に良い状態でやって来た」とシネッリ氏はコメントしている。

 だが実戦デビューの時期を判断するためには、実際にプレーする様子を確認する必要があるとのこと。「フィジカルの状態が良いことと試合観があるかどうかは別の話だ。大事なのはピッチ上でのテスト。それがいつデビューできるかを決めることになる」とドクターは続けた。

 いずれにしても、フィジカルテストの良好な結果を受け、本田は当初想定されていたよりも早くピッチ上でのトレーニングを開始したという。11日に行われた本拠地サブグラウンドでのトレーニングの様子はクラブ公式SNSや公式テレビを通しても公開されている。