リーガ・エスパニョーラのバルセロナはレアル・ソシエダに所属するブラジル人FWウィリアン・ジョゼの獲得を狙っている。ソシエダは移籍金3500万ユーロ(約42億円)を要求しているようだ。スペイン『マルカ』が現地時間11日に報じた。

 バルセロナは11日、右ハムストリングの腱断裂のため手術を行ったフランス代表FWウスマン・デンベレが約6ヶ月の長期離脱を強いられると発表した。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスも負傷離脱を強いられていて、バルセロナは深刻なFW不足に悩まされている。

 スペインリーグのルール上、5ヶ月以上の長期離脱を強いられる選手がいるとスペインサッカー連盟に認められた場合は移籍期間外でも緊急補強が可能である。

 バルセロナの補強ターゲットの筆頭に挙げられているのはソシエダに所属するジョゼ。10日付のスペイン『マルカ』はソシエダがジョゼの契約解除金を7000万ユーロ(約84億円)に設定していると報じた。

 だが交渉可能とも報じられていて、今回の報道ではソシエダ側はバルセロナに対して移籍金3500万ユーロを要求しているという。果たして、バルセロナはFWの緊急補強に成功することができるのだろうか。