ブラジルのボタフォゴに所属する20歳のDFワルレイが、新たなチームメートとなったMF本田圭佑について会見でコメントを述べた。ブラジル『グローボエスポルチ』などが伝えている。

 現在33歳の本田は、10年前の2010年に開催された南アフリカワールドカップで日本代表を決勝トーナメント進出に導く活躍を見せた。当時10歳だったワルレイにとっても印象的な選手の一人だったようだ。

「覚えているよ。小さな頃にワールドカップで見た選手だ」とワルレイはコメント。「ボール扱いに優れた選手だ。彼には力がある」と日本のスター選手を称賛している。

 ワルレイ自身も数日前にボタフォゴに加入したばかりだが、本田の現在の様子については「チーム内でまだ少し大人しくしていると思う」と印象を語った。「これからグループに加わって経験を伝えてくれるだろうね」と今後のコミュニケーションに期待を示している。