フランクフルトが19日、チームに所属する選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表。

 クラブの発表によると、その選手は倦怠感など新型コロナウイルスの特徴的な症状を訴えたという。そして、検査の結果は陽性。選手全員およびスタッフ全員も同じように検査を実施し、長谷部誠や鎌田大地など関係者全員が14日間の自宅隔離を受けることになった。選手たちは個別に離れた場所でトレーニングを続けることになる。

 フランクフルトのスポーツ・ディレクターを務めるフレディ・ボビッチ氏は「残念ながら、おそらく時間の問題だった。しかし、この困難な状況を乗り切ることもできる」とし「皆に影響を与える可能性がある! そのため、この状況において誰にとっても非常に明確だ。誰もが責任を持ち、家にいる必要がある」とコメントしている。