現役時代はイタリア代表として活躍し、3度にわたってワールドカップでプレーしたアレッサンドロ・ネスタ氏が現地時間19日に44歳の誕生日を迎えた。

 ネスタ氏はラツィオの下部組織で育ち17歳でトップチームデビューを果たす。1997/98シーズンはコッパ・イタリア決勝のミラン戦でゴールを決めて優勝に貢献。1998年のセリエA最優秀若手選手賞を受賞している。

 2002年8月にミランへ移籍すると、2002/2003シーズンと2006/2007シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献し、アンドレア・ピルロ氏やクラレンス・セードルフ氏、ジェンナーロ・ガットゥーゾ氏などの伝説的選手と共にミランの“黄金期”を支えた。その後、メジャーリーグサッカー(MLS)のモントリオール・インパクトやインドのチェンナイインFCでプレーした後、2015年に現役引退を表明している。

 イタリア代表としては通算78試合に出場し、1998年、2002年、2006年のワールドカップでもプレーした。欧州サッカー連盟(UEFA)のCL公式ツイッターは、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニーなどを止めるネスタ氏の献身的なプレーを動画付きで紹介している。