レアル・マドリードは現地時間21日、同クラブの元会長であるロレンソ・サンス氏が亡くなったことを発表した。76歳だった。

 レアル・マドリードは公式声明の中で同氏の死因に言及していないが、新型コロナウイルスに感染し、17日から集中治療室に入っていたことが報じられている。

 サンス氏は1995年から2000年にかけてレアル・マドリードの会長を務めた。その期間に同クラブはチャンピオンズリーグ2回、インターコンチネンタルカップ1回、リーガエスパニョーラ1回、スペイン・スーパーカップ1回などのタイトルを手にしている。