リバプールがアトレティコ・マドリードに所属するウルグアイ代表DFホセ・マリア・ヒメネスをリストアップしたようだ。スペイン『アス』が現地時間22日に報じた。

 リバプールで今季ここまで公式戦14試合のみの出場にとどまり、アーセナルやトッテナムなどが獲得に興味を示している30歳DFデヤン・ロブレンの後釜候補として3選手をリバプールはリストアップ。同メディアによると、リバプールがリストアップしたのはヒメネスの他にインテルDFアレッサンドロ・バストーニとライプツィヒDFダヨ・ウパメカノであるようだ。

 ヒメネスはアトレティコで今季ここまで公式戦16試合の出場となっている。ディエゴ・シメオネ監督はDFステファン・サヴィッチとDFフェリペを序列ではヒメネスより上と考えていて、アトレティコはヒメネスの今夏の放出を検討しているという。

 果たして、リバプールが獲得するのはヒメネスなのだろうか。それとも、候補に挙がっているバストーニとウパメカノのどちらかなのだろうか。