ユベントスはイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニを来季も戦力として捉えているようだ。

 22日付けの伊メディア『ファンタマスター』は伊紙『コリエレ・ディ・トリノ』の報道として、35歳のキエッリーニは42歳ジャンルイジ・ブッフォン、32歳ブレーズ・マテュイディらと共に来季もクラブに残ることになると伝えている。

 キエッリーニは2005年からユベントスに加わり公式戦509試合に出場する大ベテランだ。そんなキエッリーニは昨年8月に右膝前十字靱帯損傷の大怪我を負った。その後の手術とリハビリは順調に進み、先月16日の対ブレシア戦で復帰を果たした。なおクラブは今季終了後に契約の切れる主将に延長をする用意をしているようだ。

 大怪我から復活しイタリア代表としても103試合に出場する経験抱負なセンターバックは来季もユベントスの守備の中心選手として活躍することになりそうだ。