プレミアリーグの公式SNSが、クリスタル・パレスのFWウィルフレッド・ザハの圧倒的な個人技を紹介した。

 コートジボワール代表のザハは2018年のハダースフィールド戦で、その能力の高さを遺憾なく発揮した。敵陣左の低い位置でボールを持ったザハは、大きなストライドでドリブルを開始。DFをかわしながら軽やかにペナルティエリアに侵入すると、右足でゴールネットを揺らしている。

 一人で相手守備を破壊したザハは昨年夏、盛んにアーセナル移籍が報じられたが、クラブ間で合意に至らず、取引は実現しなかった。かつてはマンチェスター・ユナイテッドに所属していたザハ。そのスキルに疑いの余地はない。