ナイジェリア1部のエニンバ・インターナショナルFCに所属する25歳のナイジェリア代表FWダヨ・オジョと、アビアコメッツFCに所属するベンジャミンイルヨマデが誘拐された。23日に英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、現地時間22日にベニンオウォ高速道路を車で走行中に事件に巻き込まれたという。オジョのチームメイトであるエマヌエル・ジェームズも同乗していたが逃げることに成功したようだ。新型コロナウイルスの影響でナイジェリア国内のリーグが中断されたため休暇中はアクレで過ごす予定だった。

 なお、2019年1月から3月までの3ヶ月間でナイジェリアでは685件の誘拐事件が発生しており、サムエル・カル(ボルドー所属)の母親は身代金を支払った後に誘拐犯から解放されていた。

 現地時間11日には国内リーグの試合中にナサラワ・ユナイテッドFCに所属する22歳のナイジェリア人MFチャイニーム・マーティンスが急死。現地時間22日にはエマニュエル・オグブとイフェアニ・ジョージが交通事故によって命を落としており、ナイジェリアで相次いで事件が発生している。