ブラジル1部のボタフォゴに所属するMF本田圭佑が24日、自身の公式ツイッターを更新し、新型コロナウイルスが世界に蔓延している状況下での日本の対応に警鐘を鳴らしている。

 世界に広がっている新型コロナウイルス感染拡大を受け、世界各国のリーグで試合の延期や無観客となっている。ブラジルサッカー連盟は国内の大会全てを無期限で延期することを発表している。

 本田は21日に更新したツイッターで「おい、コロナ。お前なんかに俺らは負けへんぞ。これ以上俺らの邪魔すんな」とコメントした。24日にもツイッターを更新した本田は「日本だけが世界で割と普通に生活している唯一の国という不安な状態」と「かかるときはかかる」「でも油断するな」というハッシュタグ付きでツイートした。