アーセン・ヴェンゲル監督に率いられ、2003/04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝の歴史的快挙を成し遂げたアーセナル。圧倒的な強さを誇る今季のリバプールでさえも不可能だった偉業は伝説として語り継がれている。

 その翌年にも勢いを持続したアーセナルは、開幕2連勝の時点でリーグ戦42試合連続無敗のイングランド記録に並ぶ。最終的には49試合まで記録を伸ばした。

 だがマンチェスター・ユナイテッドに敗れて無敗記録が途切れると、そこからペースを落として首位の座からも陥落。11月28日の第15節、アンフィールドに乗り込んでのリバプール戦も前半に先制を許す苦しい展開を強いられた。

 それでも56分には無敗優勝の英雄たちが完璧な連携を発揮して同点ゴールを生み出す。中盤でボールを運んだパトリック・ヴィエラはティエリ・アンリに預けるとそのまま前進。ロベール・ピレスを経由したボールは完璧なラストパスとして返され、最後はヴィエラが冷静にボールを浮かせてGKを破った。

 この試合は結局敗戦に終わり、最終的にリーグ連覇も逃したアーセナル。だが黄金時代に連なるチームが残した美しいゴールが色褪せることはない。