アルゼンチン1部ボカ・ジュニオルスはパリ・サンジェルマン(PSG)所属のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに興味を持っているようだ。

 24日付けの英紙『サン』はスペインメディア『エル・パイス』の報道として、今季限りでPSG退団が決定的なカバーニをボカが狙っていると伝えている。

 2013年にナポリからPSGに加入したカバーニは同年8月18日のアジャクシオ戦で初ゴールを記録した。その後もレギュラーとしてチームを引っ張り2016/17シーズン、2017/18シーズンでは得点王を獲得、通算301試合目で200ゴールを決めている。しかし今季はリーグ戦14試合でフル出場は3試合、得点も「4」と不本意な数字となっている。PSGは今季限りで契約の切れるカバーニとは延長交渉を行っておらずこのまま退団となる可能性が高くなっている。

 一方、カバーニ獲得を目指すボカはリーグ優勝34回、リベルタドーレス杯も3回制すなど南米屈指の強豪クラブだ。かつてはディエゴ・マラドーナ氏や高原直泰(現・沖縄SV)活躍し、現在はカルロス・テベスが在籍している。