バルセロナが選手たちに最大70%の給与カットを要求しているようだ。25日に英紙『ガーディアン』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染者数はスペイン国内で増えており、感染拡大を防ぐためにリーガエスパニョーラの試合は無期限延期となった。試合を開催できないことにより、収入を確保できないクラブは経済的打撃を受けている。

 同紙によると、バルセロナが選手たちの給与を最大70%削減することを検討しているという。その提案を選手たちが受け入れると考えられているが、現時点で合意には至っていないとのこと。同じようにクラブが選手に減給を要求するクラブはドイツでも現れており、バイエルン・ミュンヘンやドルトムントの選手などは減給を受け入れている。