横浜F・マリノスに所属する日本代表MF遠藤渓太が29日、JFAの公式ツイッターで新型コロナウイルスと戦う全ての方々にリスペクトを込めた動画メッセージを送っている。

 世界に蔓延している新型コロナの影響でJリーグは延期。欧州ではオランダリーグやフランスリーグの打ち切りが決定的となっている。そんな中、遠藤は現在も新型コロナの恐怖と戦いながら、働いている方々に対してメッセージを送った。

 JFAの公式ツイッターで遠藤は「今回の新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るっています。そんな中、世界中の医療従事者の方々が日夜問わずウイルスと戦ってくれています。またスーパーなどで働いている方々、宅配業者の方々、行政の方々など私たちの生活を守るためにこういう状況の中でもリスクをおかして働いてくれている皆さんに対し感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです」とコメントしている。

 さらに遠藤は「僕たちも自分たちが今できることを引き続き実行し、これからまたできることがあれば、こちらも協力したいと思っています。今この瞬間もウイルスと戦っている全ての方々にリスペクトと感謝の気持ちを込め、夜8時に激励の拍手を送らせて頂きたいと思います」と話し、拍手を送った。