リーグアンのモナコに所属するフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルにアーセナルやマンチェスター・シティなどが興味を示しているようだ。英メディア『メトロ』などが現地時間28日に報じた。

 昨夏セビージャから3500万ポンド(約46億円)の移籍金でモナコに移籍した29歳のイェデル。今季はここまで公式戦31試合に出場19得点9アシストを記録している。

 フランス『レキップ』によると、そんなイェデルにはアーセナルを筆頭にシティやトッテナムのプレミア勢に加え、アトレティコ・マドリードやバレンシアなどが興味を示しているようだ。

 モナコとは2024年まで契約しているイェデルだが、同メディアは移籍金4000万ポンド(約53億円)で同選手を獲得することができると報じている。

 果たして、イェデルは今夏移籍することになるのだろうか。