フランスW杯

日本代表は初出場となった1998年のフランスワールドカップから数えて6大会連続でワールドカップ本大会に出場している。背番号10を背負った選手たちは、大舞台でどのような活躍を見せたのか。今回はワールドカップで10番を背負った日本代表選手を大会ごとに紹介する。※所属チームは大会前時点、年齢は初戦時点のもの。
——————————————————————

監督:岡田武史
戦績:グループステージ敗退

背番号10:名波浩(ジュビロ磐田)
生年月日:1972年11月28日(25歳)
個人成績:3試合出場/0得点0アシスト

 清水商業から順天堂大学に進み、1995年にジュビロ磐田に加入した名波浩は、チームでレギュラーを確保するとともに日本代表でもデビューを飾っている。アジア予選にも主力としてプレー。日本代表がワールドカップ出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれるイラン戦にもフル出場した名波は、本大会のメンバーにも順当に名を連ねた。

 初のワールドカップの舞台で、日本は3戦全敗という結果に終わった。名波は3試合ともに先発し、山口素弘、中田英寿とともに3-4-1-2システムの中盤を担った。しかし、チームはアルゼンチン戦とクロアチア戦をともに0-1で落とし、早々にグループステージ敗退が決まった。

 同じくグループステージ敗退が決まっていたジャマイカ代表との第3戦も、2点を先行される苦しい展開となった。それでも74分、中盤の名波が相手のプレスをかわして左サイドにパスを送る。これを受けた相馬直樹が右足でクロスを上げると、ファーサイドで待ち構えていた呂比須ワグナーが頭で落とし、中山雅史が右足でゴールに押し込んだ。

 日本代表が一矢報いたワールドカップ初得点から5分後、名波は18歳の小野伸二と代わってピッチを退いている。日本代表にとっても、自身にとっても初の大舞台でのプレーは3試合に終わった。

 フランス大会後は、2000年のアジアカップで大会MVPに輝き、日本代表を優勝へと導いた。国際Aマッチ67試合7得点という数字を残しながらも右ひざの負傷に悩まされ、再びワールドカップの舞台を踏むことなく代表を引退している。

●アルゼンチン戦の先発メンバー

▽GK
川口能活

▽DF
中西永輔
井原正巳
秋田豊

▽MF
名良橋晃
山口素弘
名波浩
相馬直樹
中田英寿

▽FW
中山雅史
城彰二


<h2>日韓W杯

監督:フィリップ・トルシエ
戦績:ベスト16

背番号10:中山雅史(ジュビロ磐田)
生年月日:1967年9月23日(34歳)
個人成績:1試合出場/0得点0アシスト

 日本代表のエースとして「ドーハの悲劇」と「ジョホールバルの歓喜」を経験した中山雅史は、背番号9を背負って出場したフランス大会で日本代表のワールドカップ初得点を決めた。所属するジュビロ磐田では1998年と2000年に得点王となり、30代を迎えても衰えは見せず。しかし、ワールドカップイヤーの02年は不調が続き、本大会直前の欧州遠征ではメンバーから外れてしまった。

 2大会連続の出場は絶望的と思われていた中で、中山は23人のメンバーに滑り込んだ。名波に代わって日本代表の主力に成長していた中村俊輔が落選したこともあり、中山が10番を背負うことになった。

 3試合すべてに先発したフランス大会とは対照的に、中山に与えられたのは控えという立場だった。それでも中山は中田英寿や小野伸二ら20代前半が多いメンバーをピッチ内外で盛り立て、自身に課せられた役割を全うした。

 中山や秋田豊らベテランのサポートも実を結び、日本代表は自国開催でのしかかるプレッシャーを跳ね返して躍進した。鈴木隆行の「つま先ゴール」と稲本潤一のゴールでベルギーを相手にワールドカップ初の勝ち点をもぎ取ると、続くロシア戦でも稲本にゴールが生まれる。すると、中山の出番はこの試合の72分に回ってきた。中山はイエローカードをもらいながらも前線から激しい守備でチームに貢献した。日本代表は虎の子の1点を守り抜き、ワールドカップ初勝利をゲット。中山は4年越しの初勝利をピッチで迎えることができた。

 日本代表はチュニジアに2-0で勝利してノックアウトステージに進出したが、ラウンド16ではトルコに敗れてベスト16で敗退。中山の出場はロシア戦の18分のみだった。それでも、控えという立場からチームを支えた34歳の背番号10は、歴史を塗り替えた日本代表を影から支えた。

●ロシア戦の先発メンバー

▽GK
楢崎正剛

▽DF
松田直樹
宮本恒靖
中田浩二

▽MF
明神智和
稲本潤一
戸田和幸
小野伸二
中田英寿

▽FW
鈴木隆行
柳沢敦


<h2>ドイツW杯

監督:ジーコ
戦績:グループステージ敗退

背番号10:中村俊輔(セルティック)
生年月日:1978年6月24日(27歳)
個人成績:3試合出場/1得点0アシスト

 桐光学園から横浜マリノス(現F・マリノス)に加入し、1999年にJリーグベストイレブン、翌年には年間MVPを最年少で獲得した中村俊輔。フランスワールドカップで背番号10を背負った名波浩に代わって日本代表でも10番を背負ったが、日韓ワールドカップの本大会メンバーからは落選した。

 失意の落選の後、俊輔はイタリアに渡った。ジーコが監督に就任した日本代表では03年のFIFAコンフェデレーションズカップで3得点、04年のアジアカップではMVPに輝いてチームを優勝に導くなど、中心選手として活躍。05年にはスコットランドの強豪セルティックに移籍して国内2冠に貢献し、翌年のドイツワールドカップに選出された。

 初戦のオーストラリア戦で俊輔は3-4-1-2のトップ下で先発している。26分、右サイドに流れた俊輔はゴール前にクロスを上げると、ボールはターゲットの高原直泰と柳沢敦、相手GKとDFが誰も触れられずにゴールへと吸い込まれた。

 ラッキーな形から先制に成功した日本代表は勝利まであと一歩のところまでつけたが、終盤の3失点で逆転負けを喫した。続くクロアチア戦は得点を奪えずに引き分け。玉田圭司のゴールで先制したブラジル戦は4失点と力の差を見せつけられ、日本代表はグループステージで姿を消すこととなった。

 俊輔は3試合すべてにフル出場。2戦目以降は右サイドハーフでプレーしたが、ゴールに絡んだのはオーストラリア戦のゴールのみ。4年越しの大舞台で爪痕を残すことはできなかった。

●オーストラリア戦の先発メンバー

▽GK
川口能活

▽DF
坪井慶介
宮本恒靖
中澤佑二

▽MF
駒野友一
中田英寿
福西崇史
三都主アレサンドロ
中村俊輔

▽FW
柳沢敦
高原直泰


<h2>南アフリカW杯

監督:岡田武史
戦績:ベスト16

背番号10:中村俊輔(セルティック)
生年月日:1978年6月24日(31歳)
個人成績:1試合出場/0得点0アシスト

 UEFAチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で芸術的な直接FKを決めた俊輔はセルティックでは年間最優秀選手賞に輝き、チームをリーグ連覇に導いた。しかし、09年に移籍したエスパニョールでは適応に苦しみ、南アフリカ大会を間近に控えた2010年2月に7年半ぶりのJリーグ復帰を決断。古巣横浜F・マリノスに移籍した俊輔は2大会連続で本大会のメンバーに選出され、背番号10を背負うことが決まった。

 予選から右サイドハーフで不動の存在だったが、日本代表は直前のテストマッチで低調なパフォーマンスが続いた。すると、岡田武史監督は大会直前にシステムの変更を決断。右サイドにはドリブラーの松井大輔が起用され、中村俊輔はベンチに置かれることとなった。

 日本代表は本田圭佑のゴールでカメルーン戦に勝利したが、俊輔に出番が回ってくることはなかった。続くオランダ戦は、ウェズレイ・スナイデルのゴールで先制を許すと、64分に松井に代わって今大会初出場を果たした。しかし、ゴールを割ることができずに日本代表は第2戦を落とした。

 デンマーク戦では前半に本田と遠藤保仁の直接FKで2点を先行した。俊輔の出場はなかったが、日本代表は3-1で勝利を収めて2大会ぶり3度目のグループステージ突破を決めた。ラウンド16のパラグアイ戦は膠着状態のまま時計の針が進む。得点が欲しい場面だったが、岡田監督が俊輔をピッチに送り出すことはなかった。日本代表はPK戦の末に敗れて、初のベスト8は叶わず。わずか26分間の出場に終わった俊輔は、この大会を最後に日本代表から退いている。

●オランダ戦の先発メンバー

▽GK
川島永嗣

▽DF
駒野友一
中澤佑二
田中マルクス闘莉王
長友佑都

▽MF
阿部勇樹
松井大輔
長谷部誠
遠藤保仁
大久保嘉人

▽FW
本田圭佑


<h2>ブラジルW杯

監督:アルベルト・ザッケローニ
戦績:グループステージ敗退

背番号10:香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1989年3月17日(25歳)
個人成績:3試合出場/0得点0アシスト

 2008年5月24日に行われたコートジボワール代表とのキリンカップで、19歳の香川真司は代表デビューを飾った。2年後の南アフリカワールドカップには惜しくも落選となったが、大会後は代表を引退した中村俊輔に代わって背番号10をまとうことになった。

 南アフリカ大会後にセレッソ大阪からボルシア・ドルトムントに移籍すると、ユルゲン・クロップ監督の下でトップ下の定位置を掴んでリーグ連覇に貢献。12年夏にはアレックス・ファーガソン監督率いるマンチェスター・ユナイテッドに移籍したが、スター選手が並ぶユナイテッドでは活躍することはできなかった。

 アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表では得意なトップ下を本田圭佑に譲り、左サイドが定位置になった。43試合16ゴールという数字を残してワールドカップ出場権獲得にも貢献した香川は、順当に本大会のメンバーに選ばれた。

 激しい雨が降りしきる中で行われたコートジボワール代表との初戦は、本田のゴールで先制に成功した。しかし、攻勢を強めた相手に逆転を許し、先発した香川も攻撃面で特長を出せずに86分にベンチに下がっている。ベンチスタートとなった第2戦は0-0の57分に投入されたが、10人のギリシャに対して最後までゴールネットを揺らすことができずに引き分けた。

 グループステージ突破へ一縷の望みを懸けて戦ったコロンビア戦に、香川は再び先発メンバーに復帰した。PKから先制されながらも岡崎慎司のゴールで同点としたが、後半開始からハメス・ロドリゲスを投入したコロンビアに3失点を喫して敗北。香川はブラジルで何もできず、日本代表はグループステージ敗退となった。

●コートジボワール戦の先発メンバー

▽GK
川島永嗣

▽DF
内田篤人
森重真人
吉田麻也
長友佑都

▽MF
山口蛍
長谷部誠
岡崎慎司
本田圭佑
香川真司

▽FW
大迫勇也

ロシアW杯

監督:西野朗
戦績:ベスト16

背番号10:香川真司(ボルシア・ドルトムント)
生年月日:1989年3月17日(29歳)
個人成績:3試合出場/1得点1アシスト

 ブラジル大会を終えた香川真司は2シーズンぶりにドルトムントに復帰した。ハビエル・アギーレは4-1-4-1のインサイドハーフで香川を起用したが、15年のアジアカップ後に監督に就任したヴァイッド・ハリルホジッチはトップ下に香川を置いている。

 18年2月にドルトムントで足首を負傷して長期離脱となり、ワールドカップ出場が危ぶまれた。ドルトムントのリーグ最終節でなんとか復帰を果たし、指揮官が西野朗に代わった日本代表にも復帰。2大会連続で背番号10を背負うことになった。

 大会前はベンチスタートになると予想されていたが、最後のテストマッチで高いパフォーマンスを見せたことで、初戦のコロンビア戦の先発に名を連ねた。すると、開始早々に相手のハンドで得たPKを香川が決めて先制に成功。一時は追いつかれたものの、大迫勇也のゴールで勝利を収めた。

 続くセネガル戦にも先発したが得点に絡むことができず、1-2と勝ち越された直後の72分に本田と代わってベンチに退いた。試合は本田のゴールで同点に追いつき、貴重な勝ち点1をゲット。先発を外れた3戦目のポーランド戦では、2大会ぶりのノックアウトステージ進出決定をベンチで見届けることとなった。

「ロストフの悲劇」となったラウンド16のベルギー戦で、香川は2試合ぶりに先発に復帰した。原口元気のゴールで先制した直後の52分、バイタルエリアでボールを持った香川はマッチアップするアクセル・ヴィツェルを引き付けて乾貴士にパスを送る。これに乾がボックスの外から右足を振り抜いて貴重な追加点を奪った。

 3試合に出場した香川は1得点1アシストを記録した。歴代の10番の中ではワールドカップ最多となる6試合に出場した香川だが、背番号10を背負う選手が残した成績としては物足りなさが残る。

●ベルギー戦の先発メンバー

▽GK
川島永嗣

▽DF
酒井宏樹
吉田麻也
昌子源
長友佑都

▽MF
柴崎岳
長谷部誠
原口元気
香川真司
乾貴士

▽FW
大迫勇也

【了】