フランス・プロリーグ機構(LFP)が4月30日、正式に2019/20シーズンの打ち切りを発表。現在首位のパリ・サンジェルマン(PSG)が優勝を飾っている。

 新型コロナウイルスの感染者が発生したフランスでは、感染拡大を防ぐためにリーグ戦が無期限延期となった。再開の可能性を探る中、4月28日にフランスのエドゥアール・フィリップ首相がロックダウン(都市封鎖)解除に向けた今後の計画案を発表する中で、サッカーを含めたプロスポーツについてはシーズンを打ち切りとする方向性を示した。大規模イベントを「9月まで開催できない」とし、「特にサッカーは再開できない」と明言。事実上今季の打ち切りが宣言されたのである。

 これに対してリヨンなどが抗議していたが、今回正式にフランス・プロリーグ機構からシーズン打ち切りが発表されている。消化している試合数が各クラブで異なるため、1試合あたりの平均勝ち点で順位を決定することになった。その結果、2.52ポイントのPSGが優勝しリーグ3連覇を達成。また、リーグアンの下位2チームが2部に降格し、リーグドゥの上位2チームが1部へ昇格することも決まっている。