プレミアリーグ再開に備え、チェルシーが国外退避中の所属選手を呼び戻しているようだ。4月30日に英メディア『BBC』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染者が発生した英国では、感染拡大を防ぐために3月13日からリーグ戦が中断された。その決定を踏まえ、ブラジル代表FWウィリアンなどチェルシーに所属する複数の外国籍選手が母国へ帰国している。

 まだ、正式な再開日は決定していないが6月に再開する可能性が高まっている。同メディアによると、現地時間5月1日に行われるテレビ会議で次のステップについて話し合う予定のようだ。国外から英国入りした選手は14日間の隔離が必要になるため、チェルシーは現地時間3日までに英国へ戻ってくるよう通達したとのこと。再開に向けた準備が進んでいる。