アメリカワールドカップ

 オランダ代表の背番号10は、ワールドカップ本大会で輝けないのか。時代を象徴する選手が身に着けてきた番号だが、必ずしも神聖な影響力を持っているわけではなかったのかもしれない。ところが、その不吉なジンクスを打ち破った者もいた。本大会出場を逃した2002年日韓大会と2018年ロシア大会を除く、参戦した直近のワールドカップ5大会でオランダ代表の背番号10を託された選手たちの活躍を振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

———

背番号10:デニス・ベルカンプ(インテル)
生年月日:1969年5月10日(当時25歳)
個人成績:5試合出場/3得点1アシスト

監督:ディック・アドフォカート
戦績:ベスト8

 この大会のオランダ代表はマルコ・ファン・バステンが負傷により、ルート・フリットが指揮官との対立に不在という危機的状況だった。最強トリオのうちチームに残ったのはフランク・ライカールト、たった1人だけ。

 特にベルカンプにとっては前線でポスト役になれるファン・バステンの不在が痛かった。また、鳴り物入りで移籍したインテルではUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝に貢献しながら、セリエAでは全くと言っていいほど力を発揮できずにいた。

 そうした不安を抱えながら迎えたワールドカップだったが、背番号10を託されたファンタジスタは期待に応えてオランダ代表をけん引した。グループリーグ最終戦のモロッコ戦で1得点1アシストを記録してチームを決勝トーナメント進出に導くと、ラウンド16のアイルランド戦でもゴールを挙げて勝利に貢献する。

 迎えた準々決勝のブラジル代表戦、2点ビハインドの64分にベルカンプが奪った大会3得点目は反撃の狼煙となり、76分にアーロン・ヴィンターのゴールで同点に追いつく。ところが81分、ブランコに直接フリーキックを決められ、再び勝ち越しを許してしまった。

 全5試合にフル出場してクラブでの不振を払拭するパフォーマンスを見せたベルカンプの奮闘むなしく、オランダ代表は、のちに優勝を果たすことになるカナリア軍団に屈した。背番号10として挑んだワールドカップは準々決勝で幕を閉じた。なお、ベルカンプはオランダ代表で背番号10の他に「9」「7」なども着用した経験を持ち、4年後のフランスワールドカップには背番号8をまとって出場した。

●準々決勝・ブラジル戦の先発メンバー

▽GK
エド・デ・フーイ

▽DF
アーロン・ヴィンター
スタン・ファルクス
ロナルド・クーマン
ロブ・ウィツへ

▽MF
ヤン・ボウタース
フランク・ライカールト
ヴィム・ヨンク

▽FW
マルク・オーフェルマルス
ペーター・ファン・フォッセン
デニス・ベルカンプ

フランスワールドカップ

背番号10:クラレンス・セードルフ(レアル・マドリー)
生年月日:1976年4月11日(当時22歳)
個人成績:4試合出場/0得点0アシスト

監督:フース・ヒディンク
戦績:4位

 1994年のアメリカワールドカップ後の同年12月にオランダ代表デビューを飾ったが、クラブレベルでの輝かしい経歴とは対照的に、代表ではさしたるインパクトを残せなかった。1998年のフランスワールドカップに背番号10として望みながら、絶対的なレギュラーではなく先発出場はわずか3試合のみだった。

 この大会でオランダ代表は4位に食い込んでいる。準決勝のブラジル代表戦、前回大会でも敗れた因縁の相手との重要な試合でセードルフはベンチスタートとなり、出番が訪れたのは延長後半の111分からだった。PK戦ではキッカーが回ってくることなく敗戦。

 3位決定戦のクロアチア戦ではロナルド・デ・ブールに代わって先発出場するも、ノーインパクトに終わり、チームも敗戦。オランダ代表は4位となった。

 セードルフのオランダ代表でのキャリアは決して華やかではない。キャリアの最盛期で迎えるはずだった2002年の日韓ワールドカップは欧州予選敗退で出場を逃し、2006年のドイツワールドカップは予選突破に貢献しながらマルコ・ファン・バステン監督の信頼を掴みきれず、本大会でメンバー外に。結局、ワールドカップに出場したのはフランス大会の一度だけだった。

●3位決定戦・クロアチア戦の先発メンバー

▽GK
エドウィン・ファン・デル・サール

▽DF
アーサー・ニューマン
ヤープ・スタム
フランク・デ・ブール
フィリップ・コクー

▽MF
クラレンス・セードルフ
エドガー・ダーヴィッツ
ヴィム・ヨンク
ボウデヴィン・ゼンデン

▽FW
デニス・ベルカンプ
パトリック・クライファート

ドイツワールドカップ

背番号10:ラファエル・ファン・デル・ファールト(ハンブルガーSV)
生年月日:1983年2月11日(当時23歳)
個人成績:3試合出場/0得点0アシスト

監督:マルコ・ファン・バステン
戦績:ベスト16

 A代表デビューは2001年、当時18歳と早かったが、絶対的な地位を築けてはいなかった。EURO2004でも脇役に過ぎず、オランダのトップ女優シルビー・メイスと交際を始めたことで国内での風当たりも強くなっていた。そしてワールドカップを1年後に控えた2005年夏、身の回りの喧騒やストレスから逃げるようにアヤックスからドイツのハンブルガーSVへ移籍する。

 新天地では負傷に悩まされた。足首の負傷で2度にわたって長期離脱を強いられ、2005/06シーズンのリーグ戦出場は19試合にとどまった。しかも2006年に入ってから一度も代表招集がなく、リーグ最終戦も欠場していた中で、ぶっつけ本番のような形でドイツワールドカップに臨むことになった。

 ファン・バステン監督からは背番号10を託されたが、当然レギュラーの座は保証されず、グループリーグ初戦は出番なし。唯一の先発出場は2連勝で決勝トーナメント進出を決めた後、メンバーを落として戦った第3戦・アルゼンチン代表戦だった。

 ラウンド16のポルトガル代表戦で、オランダ代表は前半のうちに先制されたが、前半アディショナルタイムに相手選手が1人退場。ファン・バステン監督は逆転ムードを加速させるために後半開始からファン・デル・ファールトを起用した。

 しかし、64分にDFハリド・ブラルーズが退場となって10人対10人になると、反撃の勢いは削がれてしまった。結局終盤に両チームともさらに1人ずつ退場者を出した一戦は0-1のまま終わり、オランダ代表はラウンド16で姿を消すこととなった。ファン・デル・ファールトにとって初めてのワールドカップは苦い記憶となって刻まれているだろう。

●グループリーグ第3戦・アルゼンチン戦の先発メンバー

▽GK
エドィン・ファン・デル・サール

▽DF
ケウ・ヤリエンス
アンドレ・オーイエル
ハリド・ブラルーズ
ティム・デ・クレル

▽MF
ラファエル・ファン・デル・ファールト
フィリップ・コクー
ヴェスレイ・スナイデル

▽FW
ロビン・ファン・ペルシ
ディルク・カイト
ルーロ・ファン・ニステルローイ

南アフリカワールドカップ

背番号10:ヴェスレイ・スナイデル(インテル)
生年月日:1984年6月9日(当時26歳)
個人成績:7試合出場/5得点1アシスト

監督:ベルト・ファン・マルワイク
戦績:準優勝

 スナイデルにとって2度目のワールドカップは、インテルでリーグ戦やチャンピオンズリーグなど三冠を達成した直後、最高のタイミングで迎えることになった。そしてオランダ代表の背番号10が活躍できないというイメージを払拭する驚異的なパフォーマンスを披露する。

 全7試合に先発出場し、グループリーグ第2戦の日本代表戦で決めた強烈なミドルシュートを皮切りに5得点で準優勝に大きく貢献する。そしてトーマス・ミュラーやディエゴ・フォルランと並んで得点王に輝き、ブロンズブーツ賞と、大会最優秀選手賞に次ぐシルバーボール賞を獲得した。

 1トップや2トップなどFWとして起用されることがない純粋なMFとしてワールドカップの得点王に輝くのは、スナイデルが大会史上初だった。準々決勝のブラジル代表戦では、170cmと小柄なスナイデルにとって珍しいヘディングでのゴールも含む2得点で、チームを2-1での準決勝進出に導いた。過去に何度も苦杯を舐めさせられてきたカナリア軍団へのリベンジ達成とも言える重要な勝利だった。

 決勝のスペイン代表戦では、延長後半にアンドレス・イニエスタの劇的なゴールが生まれて惜しくも優勝を逃す結末となったが、120分間フル出場で大奮闘。スナイデルは大会開幕から最後まで攻撃のタクトを振るう背番号10として強烈なインパクトを残した。

●決勝・スペイン戦の先発メンバー

▽GK
マールテン・ステケレンブルグ

▽DF
グレゴリー・ファン・デル・ヴィール
ヨン・ハイティンハ
ヨリス・マタイセン
ジオバニ・ファン・ブロンクホルスト

▽MF
ナイジェル・デ・ヨング
マルク・ファン・ボメル
ヴェスレイ・スナイデル

▽FW
アリエン・ロッベン
ディルク・カイト
ロビン・ファン・ペルシ

ブラジルワールドカップ

背番号10:ヴェスレイ・スナイデル(ガラタサライ)
生年月日:1984年6月9日(当時30歳)
個人成績:6試合出場/1得点2アシスト

監督:ルイ・ファン・ハール
戦績:3位

 4年前の南アフリカ大会と比較すれば、スナイデル自身のパフォーマンスは下り坂に差し掛かっていた。所属クラブも欧州4大リーグよりも格が下がるトルコのガラタサライで、背番号10としての存在感にも衰えが見え始めていた。

 さらに当時のオランダ代表への期待値は低く、スペイン代表やチリ代表といった強豪と同居したグループリーグは苦戦が予想された。そんな中でルイ・ファン・ハール監督は守備的な戦術を採用し、スナイデルは5-3-2のトップ下に入る。

 5バックで手堅く守って、手数をかけずにゴールまで迫る戦い方の中で、スナイデルはセットプレーのキック精度やラストパスの局面で違いを見せる。グループリーグ初戦は前回大会決勝で敗れたスペイン代表だったが、王者相手にオランダは5-1という大勝を収める。背番号10はフリーキックでステファン・デ・フライが決めたチームの3点目を演出し、終盤にはロッベンのダメ押しゴールもお膳立てする2アシストの活躍だった。

 ラウンド16のメキシコ戦では、1点ビハインドを背負って迎えた終盤の88分にドラマが。コーナーキックのボールを途中出場だったクラース=ヤン・フンテラールが頭で落とし、こぼれ球をスナイデルが豪快にゴールへ蹴り込んだ。背番号10の起死回生の同点弾で勢いづいたオランダ代表は後半アディショナルタイムにフンテラールが劇的な逆転ゴールを奪って準々決勝の切符を手繰り寄せた。

 準々決勝のコスタリカ代表戦をPK戦の末に突破し、準決勝ではアルゼンチン代表と対峙した。この一戦も0-0のままもつれて延長戦でも決着つかず。PK戦に突入するとスナイデルは3人目のキッカーとして歩み出たが、渾身のキックは相手GKセルヒオ・ロメロにセーブされてしまう。この1本の失敗が響き、オランダ代表は2-4でPK戦を落とし決勝進出を逃した。

 筋肉系のトラブルで3位決定戦を欠場したため、スナイデルのワールドカップでの最後の試合はアルゼンチン戦となった。2018年ロシアワールドカップ直前の同年3月にオランダ代表からの引退を表明。A代表通算133試合出場は、オランダ史上歴代最多の記録となっている。

●準決勝・アルゼンチン戦の先発メンバー

▽GK
ヤスパー・シレッセン

▽DF
ディルク・カイト
ステファン・デ・フライ
ブルーノ・マルティンス=インディ
ロン・フラール
ダレイ・ブリント

▽MF
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
ナイジェル・デ・ヨング
ヴェスレイ・スナイデル

▽FW
アリエン・ロッベン
ロビン・ファン・ペルシ