新型コロナウイルスの影響により中断されているシーズンの再開を目指しているイングランドのプレミアリーグだが、再開後の今季の試合は各チームのホームではなく中立地で開催される可能性が高くなっているようだ。英『BBC』など複数メディアが伝えている。

 現地時間1日にはプレミアリーグの全20クラブによるオンライン会議を開催。リーグからの公式声明によれば、今回の会議で「何も決定は下されていない」ものの、改めてリーグ再開を目指す方針が確認されたとのことだ。

 再開時期の見通しも明言はされていないが、政府のガイダンスに従った上で「開催が安全かつ適切になってから」再開するとされている。英メディアでは6月12日頃が現時点での再開目標日として設定されているとも伝えられている。

 また、今回の会議においては各試合の「中立地開催」が事実上唯一の選択肢として提示されたという。未消化の全92試合を8ヶ所から10ヶ所ほどのスタジアムで全て開催する案となる。

 再開後の試合はいずれにしても無観客試合となることが確実。だが各チームのホームではなく一定数の中立地で開催することで、選手やスタッフらの移動を最小限にとどめることや、試合の行われるホームスタジアム周辺に地元サポーターが集まってしまう状況を防止できることなどが想定されている。