リーグアンのモナコに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスが現地時間4日に33歳の誕生日を迎えた。

 バルセロナの下部組織で育ったセスクは、アーセナルのユースへ移籍した後の2003年にトップチームへ昇格。2007/08シーズンではプレミアリーグで32試合に出場し7得点20アシストという驚異的な活躍を見せた。

 2011年8月には古巣のバルセロナへ移り開幕戦から4試合連続ゴールを決めている。2012/13シーズンはリーグ戦32試合出場で11得点13アシストを記録して優勝に貢献した。様々なタイトル獲得に貢献した後、2014年7月にチェルシーへ移籍。2014/15シーズンと2016/17シーズンは活躍しプレミアリーグ優勝を飾っている。その後、2019年1月にモナコへ移った。

 スペイン代表としては通算110試合で15得点を記録。2006年、2010年、2014年の3回にわたってワールドカップでプレーしており、2010年ワールドカップではスペイン代表の優勝に貢献していた。欧州サッカー連盟(UEFA)のCL公式ツイッターは、華麗なプレーを披露するセスクを動画付きで紹介している。